症例

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)症例写真(女性/31歳)

THE CLINICで、4回、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸を受けられた31歳の女性です。これまでの施術で、脂肪の吸引と注入の技術をとても信頼して下さっていて、目の下のクマが気になるので、窪みに脂肪を注入したいというご希望でした。 医師が確認したところ、目の下の脂肪が減ってボリュームがなくなっているのがクマの原因でしたが、頬の高さも下がっているので、それを戻してあげたら、より良くなるとアドバイス。3Dセルリフトで、立体感を回復させることになりました。 3Dセルリフトは、吸収糸でたるみを元の位置に戻すと同時に、確保したスペースに脂肪を注入することで、立体感を出しつつ皮膚の張りも高めることができます。 注入する脂肪は、研ぎ澄まされた脂肪細胞(コンデンスリッチファット)なので、定着率が良く、肌質の改善も期待できます。 お顔もお身体も、THE CLINICが提供した施術でとてもきれいになれたと、大変ご満足いただけました。

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)に関連するモニター・キャンペーン

  • 3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    進化した脂肪注入技術で実現した顔のリフトアップ施術

    3D Cell Lift(3Dセルリフト)は、単なるリフトアップではなく、老化で失われた顔の立体感をも取り戻すアンチエイジング施術です。ステムセル(幹細胞)を豊富に含むファットセル(脂肪細胞)を計算して注入する高度な技術力が、自然な仕上がりを実現します。

    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    • モニター2

PAGE TOP

関連するまとめ記事