症例

ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)症例写真(女性/25歳)

Aカップのバストを、C~Dカップ程度にボリュームアップしたいというご相談でいらっしゃいました、25歳の女性です。大変痩せ型の方で、バストだけではなくデコルテにもボリュームはなく、一般的に脂肪がつきやすい部位で腹部~下半身もつまめる程度の脂肪しかありません。採取できる脂肪量では、希望のバストサイズを叶えることは難しい状況でした。THE CLINICの医師は、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸の経験だけではなく、他院で失敗した脂肪吸引の修正、4Dリポのようなメリハリのあるボディデザインなどの経験も豊富です。その経験値から、どうしたら「見た目」を希望通りにできるか、カウンセリングでご提案することが可能です。とても痩せているデコルテに脂肪を注入し、デコルテからバストにかけてボリュームを出すことで、魅力的に見えることをご説明しました。脂肪の採取は、ベイザー脂肪吸引で行います。特殊な超音波で脂肪のみを遊離してから吸引するため、繊維組織を温存しながら、90%もの脂肪を無駄なく採取することができます。 写真の通り、デコルテの骨ばった印象が和らぎ、女性らしい柔らかなバストになり、とても喜んでいただけました。

ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)に関連するモニター・キャンペーン

  • コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)

    再生医療が可能にした幹細胞注入を超えた最新の豊胸術

    不純物を徹底除去する特殊技術で、脂肪の質の面でのしこりや石灰化などの問題をクリアしました。同時に良質な脂肪細胞と幹細胞が濃縮されるため、高い効果が期待できます。シリコンバッグを使わない、再生医療が可能にした幹細胞注入を超える豊胸手術です。

    コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)

    • ドクターセミナーモデル1
    • モニター3

PAGE TOP

関連するコラム

関連するまとめ記事