コラム

痩せた額はNG! 丸いふっくらおでこが美人ポイント

意外と知られていないのが、加齢によって顔が痩せること。特に、額(おでこ)は見た目年齢を大きく左右させる部分のひとつです。ここでは、丸みを帯びたふっくらおでこが若く美人に見える理由と、おでこを丸くする美容施術をご紹介します。

老けた印象の原因、”おでこが痩せる”とは?

老けた印象の原因、”おでこが痩せる”とは?

年齢と共に顔の脂肪が痩せてしまい老け込んでみえる、“顔コケ”という現象をご存知ですか? 「シワもたるみも解決の鍵は一つ! 老け顔のすべては脂肪にあった」でも図説しているように、上まぶたや頬の脂肪が減少すると凹み、段差による影ができてしまいます。これを気にする方は多いですが、実は脂肪の減少で一気に老けてみえるのが “おでこ(額)”なのです。
一見、おでこは脂肪があまりついていない印象ですが、それ故に少しでも脂肪が少なくなると一気にのっぺりした印象になり、顔全体の立体感も失われてしまいます。30歳前後で「最近、何となく顔が老けてみえる……」と感じる方は、このおでこの減少が原因かもしれません。ただ、若い方にとって“おでこが痩せる”現象はピンとこないと思うので、丸くふっくらしたおでこだと若々しく美人に見える理由について、まずお話しましょう。

おでこを丸くするヒアルロン酸注射以外の方法

おでこを丸くするヒアルロン酸注射以外の方法

おでこ(額)がふっくらと丸い顔立ちと言うと、どのようなイメージでしょうか? ベビーフェイスや、女性らしい柔らかさを思い浮かべる方が多いと思います。実際、幼い顔立ちが好まれる韓国のアイドルや女優が、おでこをふっくら整える施術を好んで行っていることはよく知られています。
韓国では頭皮を切開してプロテーゼを埋め込む方法が一般的で、日本でも行なわれていますが、大規模な外科手術なため体への負担が大きいようです。しかもプロテーゼと皮膚の間に不自然な段差ができてしまう失敗ケースも……。手軽さで言えば、額にヒアルロン酸を注射で注入する施術ですが、こちらも一時的な効果という点がネックとなります。
そこでTHE CLINICがおすすめするのが、『コンデンスリッチフェイス』。顔の痩せた部分(凹み)に脂肪注入してふっくらさせる施術です。おでこへの脂肪注入はいわゆる美容整形という変化ではないものの、多くのゲストから「劇的に顔が若くなった」!との嬉しいお言葉をいただく、非常に満足度の高いメニューです。(最近ではおでこに並び、ふっくらした頬も美人要素として注目されています。それに伴い「豊頬手術で若返り!? 注目される理由と納得の症例画像」でご紹介したように、豊頬手術の人気が急上昇です。)
おでこの脂肪注入はまだまだメジャーとは言えませんが、今後はさらに人気を集めそうです。ふっくら丸い美人なおでこで、お顔の若々しさを取り戻してみませんか?

関連するまとめ記事