コラム

豊胸手術後の妊娠で気になる授乳・母乳への影響

大きなバストは女性の憧れですが「豊胸手術をしたいけど、子供への影響がないか不安」との声も。今回は、豊胸のお悩み相談でも多い「母乳や授乳についての影響」を解説します。

豊胸手術と授乳の関係? 妊娠前のバッグ抜去が多い理由

豊胸手術と授乳の関係? 妊娠前のバッグ抜去が多い理由

妊娠は女性にとって重要な関心事。そのため、豊胸手術による母乳や授乳への影響については、ご質問やご相談の多い内容です。
結論から言いますと、ヒアルロン酸豊胸、シリコンバッグ豊胸、脂肪注入豊胸、どの方法でも基本的に授乳や母乳への悪影響はありません。THE CLINICにも妊娠を前にシリコンバッグ豊胸の抜去(除去)のご相談に来られる方がたくさんいらっしゃいますが、物理的なトラブルよりも精神的なストレスから抜去を考えている人がほとんどです。
ただシリコンバッグ豊胸に関して言えば、トラブルの可能性がゼロではないことが、そのような不安につながっているように感じます。例えば、バッグの破損。漏れたシリコンジェルが原因で炎症を起こすと、腫れや痛みを伴ったり、皮膚がただれたりすることも考えられます。
また、妊娠中や産後な授乳の前後には乳腺が発達して大きくなるため、挿入したバッグのサイズに余裕がないとかなり張りが辛いという方もいらっしゃいます。授乳時にバッグで乳腺を圧迫し乳腺炎を発症するケースがしばしば起こることも、不安要素のひとつと言えるでしょう。

脂肪注入豊胸に多い産後・授乳後の不安

ヒアルロン酸豊胸は本来なら吸収されてなくなるものなので今回は割愛するとして、脂肪注入豊胸に関するご相談を見ると、授乳でバストが小さくなると定着した脂肪がなくなってしまうのではないかといった、授乳や母乳自体というより授乳後の心配が多いようです。
妊娠中や産後・授乳後の大きさの変化は大部分が乳腺組織のボリューム変化なので、産後の豊胸を経験した方のエピソードにもあるように、術後に定着した脂肪が減って小さくなるということはありません(詳しくは「産後の垂れた胸、バストアップに豊胸はアリ?! 経験者の告白」をご覧ください)。もちろん豊胸していないバストと同じく、授乳後の形やハリの変化は予想されます。ただ、もともとのバストと同じ自分の脂肪ですから、豊胸シリコンバッグのように不自然さが目立ってくるような心配もなく、妊娠中や授乳でのバストの変化に最も自然に対応する豊胸術と言えるでしょう。

関連するまとめ記事