1. シルエットソフト(糸のフェイスリフト)

シルエットソフト(糸のフェイスリフト)

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金

特徴

立体的に顔のたるみを改善するオーダーメイド施術

頬(ほほ)や顎(あご)といった顔のたるみを切らずにリフトアップする施術、それが糸を使ったスレッドリフトです。その種類は様々ですが、中でもシルエットソフト(シルエットリフト)は組織を立体的に引き上げる点が特徴的。リフトアップ効果が従来のスレッドリフトに比べて大幅にアップしました。
さらに多彩な挿入方法とその効果が実証されており、幅広く応用が利きます。そのため、個人で違う症状や程度に合わせたオーダーメイドな施術が可能です。

従来のデメリットを払拭する円錐状のバイオコーン

シルエットソフト(糸のフェイスリフト)の施術1

糸の切れ込みの棘(とげ)を組織に引っ掛けて引き上げる従来のスレッドリフトでは、平面的にしかリフトアップできませんでした。また、切れ込みによって強度が弱まっている従来の糸では、しっかりと固定されずに糸が移動したり、時には飛び出たりするリスクもはらんでいました。
そんな従来の課題を払拭するためシルエットソフト(シルエットリフト)に採用されたのが、バイオコーンと呼ばれる特殊構造の突起物です。組織を立体的に引き上げることが可能な円錐の形状で、棘特有のチクチクとした感覚もなくなりました。もちろん固定も十分、移動することはまずありません。

コラーゲン増殖で糸が消えても効果は持続

シルエットソフト(糸のフェイスリフト)の施術2

シルエットソフト(シルエットリフト)は吸収性の医療用素材で作られており、バイオコーンは8〜10ヶ月、糸自体も18ヶ月でなくなります。ただその後も、バイオコーンのあった周囲では挿入によるダメージを修復しようとする、創傷治癒の反応が続きます。これによりコラーゲン線維が増殖。皮膚のハリが高まり、リフトアップ効果のさらなる持続が期待できるのです。個人差はありますが、その期間は約2年とされています。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間1時間弱 メイク翌日
痛みつっぱり感が数日 洗顔 翌日
シャワー翌日 入浴翌日

PAGE TOP

PAGE TOP

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金

シルエットソフト(糸のフェイスリフト)に関連するまとめ記事