ページトップに戻る

症例

ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)症例写真(女性/37歳)

  1. ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)のモニター(30代)術前症例画像@ザ・クリニック横浜(神奈川)
  2. ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)のモニター(30代)術後症例画像@ザ・クリニック横浜(神奈川)

コメント37歳、瘦せ型の女性です。他院で何度かヒアルロン酸豊胸を受けたことがあり、当院にはしこりのご相談でいらっしゃいました。
ヒアルロン酸注入後に感染による炎症を起こしたことがあり、施術に対しとても不安が強いご様子でしたが、エコーを使ってバストの現状をしっかりとご説明し、しこりの除去からコンデンスリッチ豊胸までの施術の流れを丁寧にご案内することで安心して頂けました。
施術は2回に分けます。まず、バスト内に点在する40~50個ほどのしこりを、ひとつひとつ除去します。しこり除去後すぐに脂肪を注入してしまうと、しこりの被膜内に入ってしまうことがあり脂肪が死んでしまう可能性があるので、しばらく日数を置いてからコンデンスリッチ豊胸を行います。痩せていて脂肪がないように見える方でも、ベイザー脂肪吸引であれば効率的に脂肪を採取できます。この方は2回豊胸を行いました。
写真の通り、ボリュームが出ただけではなく左右差のあった形がキレイに整いました。

ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)に関連するモニター・キャンペーン

  • コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)

    再生医療が可能にした幹細胞注入を超えた最新の豊胸術

    コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)不純物を徹底除去する特殊技術で、脂肪の質の面でのしこりや石灰化などの問題をクリアしました。同時に良質な脂肪細胞と幹細胞が濃縮されるため、高い効果が期待できます。シリコンバッグを使わない、再生医療が可能にした幹細胞注入を超える豊胸手術です。

    • ドクターセミナーモデル1
    • モニター3
  • 豊胸ヒアルロン酸注入しこり外来

    他院の施術でできたヒアルロン酸のしこりを確実に診断・治療

    豊胸ヒアルロン酸注入しこり外来他院の施術でできたヒアルロン酸のしこりを確実に診断・治療。大学病院でも導入されている乳腺用エコーの使用、そして当院に在籍する乳腺専門医と全院が情報ネットワークを持つことで、バストへのヒアルロン酸注入後にできたしこりの原因や状態を診断し、的確に除去することができます。